おそーい夏休み入りました_キャンプ2日目(後編)


キャンプ場から車で10分程戻ったところにある、
ミニ尾瀬公園へ行ってきました。


f0234023_12314894.jpg

有料ですが、
村内の宿泊施設(キャンプ場含む)を利用していると、
割引がありますよ。
(mont-bell会員もね)


本当の尾瀬にはペットは入れないけど、
ここは建物以外はペットOKなのです。


まずは、ここでも川。


f0234023_12315380.jpg


f0234023_1232020.jpg


f0234023_12321215.jpg


深みを見つけてご満悦♥
これって、
人間が温泉に浸かった時の「はぁぁ♥」って感覚と同じですよねぇ。



ではでは、公園内の散策をしましょう。
オーブ、そろそろ上がって(笑)。


f0234023_12321746.jpg


この日も、
日差しは強いけれど昨日程の暑さではありません。

カラッとしていて、
秋を感じさせる風が吹き抜けます。
なので、オーブも快適だね。


f0234023_12322739.jpg


公園内は、
尾瀬と同じ植物が植えられているそうですが、
この時期はお花も終わってしまって、
ちょっと寂しいかな。


f0234023_12323036.jpg


f0234023_12323416.jpg

この紫のお花はたくさん咲いていました。
えーと、トリカブトですが(^▽^;)



尾瀬と同じような木道をトコトコ。

f0234023_1232488.jpg


f0234023_12325110.jpg


途中、
こんなものも発見です。


f0234023_12324016.jpg

山の神様を祀っている七五三縄にくくりつけられていました。
お賽銭かな。



f0234023_12324415.jpg
ワンコは入れませんよ〜。



f0234023_12325510.jpg
楽しそうだね。



f0234023_13493412.jpg

こーんな景色を眺めながら、
ぐるっと1周。


ではここで休憩しましょう。


f0234023_12325958.jpg


これは、水ゼリー。

f0234023_13521457.jpg
尾瀬の天然水で作られているそうです。
普通のゼリーよりもプルルン感が強く、
きな粉とハチミツがかかってます。

爽やかなお味で、
回りの景色とバッチリ♪
ここで、
前日いただいた商品券を使いましたよ。



オーブも、気持ちよくてウトウト。


f0234023_13524167.jpg
ちょっとは疲れてくれたかい?

では、キャンプ場に戻って、
お昼ご飯を作りましょう。



ちゃーんとレシピ通りに材料を入れたはずなんだけど…


f0234023_14191746.jpg


f0234023_14193962.jpg


f0234023_14195120.jpg

40分寝かせますよ。



その間に中身づくり。


f0234023_14215875.jpg

これを作っているとき、
生地に水を入れすぎたことに気付く; ̄ロ ̄)!!。

慌てて、粉を足し、
もう一度練り練り。

でもって、
生地を寝かせる時間も適当に切り上げ、
生地を延ばしていきます。


f0234023_14241134.jpg

ここで、
麺棒を忘れたことに気付く; ̄ロ ̄)!!

このまま手で延ばし続けても薄くならないし、
さあ困った。

どうしようと思っていると、
目の前に置いてあったこれでいけるかも。


f0234023_14283413.jpg


f0234023_14285012.jpg


フライパンで焼いて〜、

f0234023_14511958.jpg



f0234023_14373171.jpg


乗せて、


f0234023_14402939.jpg


巻いて、


f0234023_14405357.jpg



喰らう。


f0234023_14412793.jpg
うまい!
結局、水も粉もどれだけ入れたか分からないけど、
なんとかなるもんだなぁ。
ということが分かりました(笑)。


オーブは、
おねだりすることもなく寝てました。


f0234023_14434876.jpg
よしよし、
それなりに疲れてくれたんだね。

この後は、
昨日の釣人がフラ〜っと茸採りにやってきて、
その方から、
温泉のタダ券をいただいちゃいました!ラッキー!
なので、公衆浴場 燧の湯へレッツゴー!


オーブは車でお留守番なので、
交代でお風呂へ行きました。

仄かな硫黄臭に、柔らかいお湯。
ちゃんとした温泉に入ったのはGWの秋田以来かもしれません。

川を眺めながらのお風呂、
気持ちよかったぁ。

戻ってからは、
少し休憩した後、晩ご飯の準備。

それはまた、
次回の最終回につづく。

Commented by samo-noel at 2012-09-23 00:02
オーブにとって川は『はぁぁ~っ、極楽極楽』な感じですか?
さすがはチーム・カッパです♪
で、いっぱいトコトコ歩くのは、オーブを疲れさせて寝かせて
おとーさん、おかーさんがウマウマ食べるためですよ。
気をつけるです。

by フェアリ-

忘れ物をしても、なんとかなるものですね!
いやぁ、お見事!

byちょびん
Commented by obu20100331 at 2012-09-23 22:03
▼お返事です

>フェアリー
うん!川は遊べるし、寝れるし、寛げる場所なんだよ。
だから、ついつい遊んじゃって、夜はすっごく眠たいんだ。
ボクが寝てる間に、楽しいことが起きてるの???
知らなかったよー!

>ちょびんさん
ええ、何とかなりましたp(^_^)q
by obu20100331 | 2012-09-22 18:26 | キャンプ | Comments(2)

2010年3月31日  北海道中標津、石川百友坊生まれ。 お父さんは、元気くん。 お母さんは、故パエル。 オーブラカは、ロシア語で「雲」という意味です。


by オーブのかーちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30